読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離マラソン #53 処分方法がわからないもの

ありますよねぇ〜、処分方法が変わらなくて手放せないもの。大体は一応ネットで調べたりはしてみるのですが、なんか分かりにくかったり、処分できる時期が決まっていたりと面倒な感じで、なんとなく置いておいてしまう…あるある、というか、日本ではよくありました。ちょっと大きめなものを捨てようとするだけで、粗大ごみシールが必要だったり。

 

でも、その点、イギリスは楽ですね。結構大きなプラケースとかでも、特別な手続きもなく、普通に他のゴミと一緒に捨てることが出来るし。流石に家具とかになってくると無理かと思われますが、日本より中古家具などのニーズがあるので、貰ってくれる人も結構いたり。地球環境的にはゴミを捨てやすいのが良い事とは思えないですが、ものを手放しやすいのは間違いなし。まあ、そもそも、こっちの賃貸物件はほぼほぼ家具備付のところがほとんどなので、家具のゴミなんて滅多にでないのかもしれませんが。そんなこんなでバランスが取れてるのだろうか。

 

さて、うちのことに戻りますが、まずこのカテゴリーに当てはまって困っていたのが、古い古いノートパソコン。ネットを見るぐらいなら出来ますが、作業しようものなら何をするにも時間がかかってイライラもするわで、全く割に合わない。まあ、よくよく考えてみると、7年前ぐらいから持っているものなので、しょうがないか。

 

むしろ、良くここまでは活躍してくれた、と思うべきですね(●´ω`●)

 

というわけで、マンションのコンシェルジュに聞いてみることにした。ら、とても簡単に手放せることがわかった。

 

どうやら、スクラップメタルなどの業者が定期的に来るらしく、ゴミ置き場に置いておくだけで良いらしい。しかも今回は、まだ使えるようだったら、チャリティに寄付できるかもらしいので、意外とタイムリーだったかも。今日は仕事が入っているので、今夜家に戻ったらメモリが空っぽになってることだけ最終確認して、コンシェルジュにお渡しすることにしよう。そうしたら、家の中がまた少しスッキリするぞぉー。

 

いつもありがとうございます。